スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内2例目のロタウイルス胃腸炎の予防ワクチンを承認申請―万有製薬(医療介護CBニュース)

 万有製薬は3月31日、乳児のロタウイルス胃腸炎を予防する経口ワクチンを厚生労働省に承認申請したと発表した。国内でのロタウイルスワクチンの承認申請は、昨年11月のグラクソ・スミスクライン(GSK)に続き2例目。

 ヒト由来とウシ由来のロタウイルスを掛け合わせて造った生ワクチンで、ロタウイルス胃腸炎の原因の約96%を占めるG1、G2、G3、G4、P1A[8]型の5つの血清型を含む。万有製薬によると、海外で実施された臨床試験では、3回の経口接種で、ロタウイルス下痢症の発症を74%、重症下痢症の発症を98%予防した。また、プラセボに比べて0.3%以上発現率が高かった副反応は、▽鼻咽頭炎▽発熱▽下痢▽嘔吐-だったという。

 ロタウイルス胃腸炎は、ロタウイルスの感染によって引き起こされる胃腸炎で、激しい下痢や嘔吐の症状だけでなく、重症化すると脱水症状や合併症から死に至ることもある。万有製薬によると、世界での推定年間死亡者数は60万人以上。医療が充実した日本での死亡例は少ないとしながらも、年間約80万人の乳幼児が小児外来を受診し、約7万8000人の5歳未満の小児が入院しているという。


【関連記事】
国内初のロタウイルス胃腸炎予防ワクチンを承認申請―GSK
統合後の万有の社名、「MSD」に
緑内障・高眼圧症治療剤の共同販促で契約―万有と参天
「子どもたちを守るワクチンの普及を」
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング

臨床検査技師国試、合格率は67.8%(医療介護CBニュース)
「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)
生きものが共存-田んぼは「命のゆりかご」(産経新聞)
民主との「距離感」に悩む連合、内部から懸念の声(読売新聞)
<海難審判>明石海峡での衝突 受審人3人に業務停止の裁決(毎日新聞)

死刑通告「大変残念」=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は30日夕、中国当局が日本側に対し、判決が確定した日本人男性死刑囚の死刑を執行すると通告してきたことについて、首相官邸で記者団に「このようなことになるのは大変残念なことだ」と述べ、遺憾の意を表明した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
死刑執行、国民感情に悪影響=中国に懸念伝達へ
鳩山首相に国外移設要求=社民・福島氏

「有名人来る」と原宿に殺到騒ぎ、少女3人搬送(読売新聞)
米国防長官と29日に会談=岡田外相、ワシントン入り(時事通信)
「暴力団雑誌置かないで」と要請=コンビニ大手6社販売中止-福岡県警(時事通信)
<2歳児死亡>母親と同居男を傷害容疑で逮捕…大阪府警(毎日新聞)
収賄の元みどり市課長に懲役2年=前橋地裁(時事通信)

鳩山首相と関係閣僚、夜に協議=普天間移設、政府案で詰め(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は23日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、平野博文官房長官、北沢俊美防衛相、岡田克也外相、前原誠司沖縄担当相の関係4閣僚と首相官邸で会談し、政府案決定に向け詰めの協議を行う。政府は既に県内移設の方向で最終調整しており、協議結果を踏まえ、米政府や沖縄県側との交渉に入る方針だ。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

センバツ 向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)
センバツ 開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)
「何も言えなくて…」ハマった薬物乱用“アラ還”シンガーの孤独と苦悩(産経新聞)
菅家さん無罪確定 冤罪の構造、暴けぬまま(産経新聞)
<交通安全講習>受講で温泉や眼鏡安く…秋田県で高齢者向け(毎日新聞)

新型インフル対策総括会議の構成員を発表―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月26日、新型インフルエンザ対策総括会議の構成員を発表した。政府の新型インフルエンザ対策本部の専門家諮問委員会委員長を務めた尾身茂氏(自治医科大教授)ら11人で、初会合は31日に開かれる。

 同会議の構成員は尾身氏のほか、▽伊藤隼也氏(医療ジャーナリスト)▽岩田健太郎氏(神戸大大学院医学研究科教授)▽岩本愛吉氏(日本感染症学会理事長)▽岡部信彦氏(国立感染症研究所感染症情報センター長)▽金澤一郎氏(日本学術会議会長)▽河岡義裕氏(東大医科学研究所感染症国際研究センター長)▽川名明彦氏(防衛医科大学校教授)▽田代眞人氏(国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長)▽谷口清洲氏(国立感染症研究所感染症情報センター第三室長)▽丸井英二氏(順天堂大医学部教授)―の全11人。

 同会議は、新型インフルエンザに対して厚労省が講じてきた対策を総括し、今後の新型インフルエンザの再流行時や鳥インフルエンザの発生時の対策に生かすため、同省新型インフルエンザ対策推進本部の下に置かれる。
 会議では、対策の経緯と今後の課題をまとめた上で、水際対策、公衆衛生対策、サーベイランス、広報体制、医療体制、ワクチンなどについて、有識者の意見を踏まえながら今後の課題を検討する。


【関連記事】
「厚労省は新型インフルへの対応の総括を」―黒岩氏
厚労省の現役医系技官が国の新型対策を批判
GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン
「新型」診断の医師の届け出義務を廃止-厚労省
人口の10%以上が感染―2009年重大ニュース(1)「新型インフルエンザ」

<貨物機炎上>事故から1年 成田で追悼行事(毎日新聞)
DPC新係数に5.6倍の開き-厚労省が告示(医療介護CBニュース)
小沢幹事長 生方氏の副幹事長職を慰留、本人も了承(毎日新聞)
<百五銀行>ATM一時使用不能に(毎日新聞)
衆院外務委員会参考人質疑(東郷和彦元外務省条約局長意見陳述)(産経新聞)

<傷害容疑>中3長男と口論、殴り重体 38歳父逮捕 愛知(毎日新聞)

 愛知県警豊田署は21日、中学3年の長男(15)を殴って意識不明の重体にさせたとして、同県豊田市平芝町、会社員、中根幸男容疑者(38)を傷害の疑いで逮捕した。

 容疑は20日午後8時20分ごろ、自宅で長男の顔を右手で3回殴って外傷性くも膜下出血に陥らせたとしている。

 同署によると、中根容疑者は長男に部屋を片付けるように言ったが、無視されたため口論になった。中根容疑者は「まさかこんなことになるとは。えらいことをやってしまった」と容疑を認めているという。中根容疑者は以前にも長男に同様の注意をしたが、言うことをきかなかったという。

 中根容疑者宅は夫婦と子ども5人の7人家族。長男の通う中学によると、長男は29日に定時制高校を受験予定。同校は長男について「優しく穏やかな性格なのに」と驚いていた。【中島幸男】

元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故-兵庫(時事通信)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(4)“ワクチン後進国”脱却へ(産経新聞)
一緒に死のうと?62歳母、娘の首絞め布団に火(読売新聞)
突然の炎に数分間包まれる…野焼き3人死亡(読売新聞)
津波警報「最善尽くした」=予測精度は不十分-気象庁長官(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。