スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2010参院選】滋賀、知事選とダブル選→県議辞職でトリプル選に (産経新聞)

 ■結局 2000万円上乗せ 費用削減ならず

 参院選と知事選の同日選効果で約6千万円の費用削減を目指していた滋賀県で、県議1人が参院選比例代表に立候補するため任期途中で辞職し、参院選と同じ投開票日で県議補選(欠員1)が実施されることになった。トリプル選になり、選挙費用は、さらに約8千万円が必要となることが12日、判明。結局、費用は予定より約2千万円上乗せになり、県の“思惑”が外れた形になりそうだ。

 県は、参院選と知事選が別々の日程で行われる場合の費用をそれぞれ約6億7700万円、約5億9200万円と想定。これをダブル選にできれば人件費など約6千万円を削減できると試算していた。平成10年の参院選と知事選のダブル選で約2億円を削減しており、今回も試算を上回る削減の可能性があった。

 ところが、県議の1人が今月7日、参院選比例代表にみんなの党から立候補表明し、県議会は任期途中の辞職を許可。公選法では、知事選の年は、県議会が本来補選の対象にならない欠員1となっても同日選とすることを義務づけている。滋賀県議選は来春の統一地方選挙だが、補選を実施しなければならなくなり、約8千万円の選挙費用を投入せざるを得なくなった。県選管の担当者は新たな出費に「こればかりはどうしようもない。粛々と業務を続けるしかない」と話している。

口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)
<AKB48>脅迫容疑で27歳男逮捕 カッター送り付け(毎日新聞)
発車メロディーは「めだかの学校」 JR三鷹駅 開業80周年記念(産経新聞)
<はやぶさ>「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
“女房役”仙谷官房長官 公務員改革 大言壮語の放り出し?(産経新聞)
スポンサーサイト

墓参りで「マイリ」ポイント…法事の支払いも(読売新聞)

 千葉市花見川区に先月下旬、開園した幕張霊園で今月から、1回墓参りするたびに30円分のポイントがつく「マイリポイントカード」の発行を始めた。

 お供えの花などを購入してもポイントがたまり、法事の精算や管理費支払いなどに使える。

 カードは墓の区画番号などを記載し、親族らに発行される。墓参りでカードを霊園の受付に提示すれば、1回30マイリ(30円)のポイントがつく。霊園では、千葉、習志野市などの住民の需要を見込んでいる。

 社団法人全日本墓園協会は、「墓参りのポイントカード発行は聞いたことがない」と話す。幕張霊園を運営する歓照寺(習志野市津田沼)の責任役員、小林隆さんは、「都市近郊の霊園なので、墓参りを生活の一部にし、何度も足を運んで家族のきずなを深めてほしい」と期待している。

09年度派遣労働者42%減=厚労省(時事通信)
涼しげな風鈴、1300度の熱いガラスから(読売新聞)
宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)
自衛隊の海外派遣 自民が一般法提出(産経新聞)
内田裕也、蓮舫氏にバラの花束…仕分けまた見学(スポーツ報知)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。